脊柱管狭窄症は、以下のタイプによって症状が異なります。 ・神経根型 ・馬尾型 ・混合型 神経根型は、神経根と呼ばれる部分が圧迫されるタイプで、片足だけに痛みやしびれが起こります。 馬尾型の場合は、脊柱管の馬尾神経が圧迫されるので、両足に強いしびれ、麻痺といった症状が現われることが多いでしょう。 混合型になると、神経根と馬尾神経が両方とも圧迫されますが、頸部と腹部のどちらが圧迫されるのかで、違う症状が出ます。 頸部脊柱管狭窄症の場合だと、上肢に痛みやしびれを感じたり、腕にだるさを感じることが多く、手の指に力が入らないこともあります。 腰部脊柱管狭窄症になると、腰に痛みや重みを感じたり、足のしびれを伴うことが多いです。 また、長時間歩くと痛みを感じて、休むと痛みがなくなりますが、また歩いたら痛くなるというのも特徴でしょう。 脊柱管狭窄症になると、このような症状が現われるので、もし、体に異変を感じた場合は、早めに病院に行って治療を受けるようにしてください。 早期発見、早期治療が大切になります。